サラリーマンがキャッシングする時の審査のポイント

MENU

サラリーマンがサラ金でキャッシングする時の審査のポイント

キャッシングの利用者層はだんだん幅広くなっており、アルバイトの人や自営業者も増えてきていますが、やはりサラリーマンの人が多いものです。ここでは、サラ金のサイトということで、サラリーマンがサラ金でお金を借りる時のポイントを解説していきます。

 

サラリーマンの人であれば、付き合いも多くなるため、お金のピンチが訪れるケースは少なくありません。

 

そこで、サラリーマンがサラ金のカードローンなどを利用するという場合に、審査のポイントとなる点を紹介します。

 

キャッシングの審査で有利になる項目

サラリーマンの人がキャッシングする時には、安定的な収入が得られていることがほとんどです。

 

それ以外の項目で審査に有利になるポイントは、以下の4つです。

  1. 正社員として雇用されている
  2. 勤続年数が十分に長い
  3. 現在他社のキャッシングを利用していない
  4. 過去にキャッシングして完済している

 

最近では、正社員以外でもキャッシングを利用できますが、やはり正社員の方が良い印象を与えます。

 

勤続年数については、長い方が安定していると判断できるので良いですが、だいたい1年以上あれば問題はないようです。

 

他には、現在の他社の利用状況や過去の利用実績が審査に影響します。CICなどの公的機関が有名ですね。

 

他社の借り入れ利用状況

現在、他社のキャッシングを利用していると、場合によっては審査に通ることが難しくなってしまいます。

 

1社や2社程度の利用ならば、致命的なものにはならない可能性もありますが、利用している数が増えるほど審査には通りにくくなります。

 

もし、3社を超えるキャッシングの利用があるような場合、いわゆる多重債務の状況ではほとんど通る可能性はないと考えた方が良いです。

 

多重債務でも融資可能などと掲げている業者があるかもしれませんが、違法な金利や取り立てを行うヤミ金の疑いが強いです。悪徳なサラ金の多重債務になってくると、もはやお金を借りるどころではなく、家族や会社、友人へも被害が及ぶ可能性も出てきます。

 

ヤミ金で借入を行うと後々が大変になりますので、まずは多重債務の状態を解消することが先決となります。

 

借金の一本化(おまとめローンなど)を検討するなどそれぞれの状況に応じた対策を考えるのがオススメですね。

 

サラ金・銀行からの借入の利用実績

過去にサラ金や銀行からのキャッシングの利用実績があり、その時に延滞などをしていないという場合には、適切に利用する人だというように判断されます。

 

したがって、利用実績がない人より、クリーンな利用実績がある方が印象が良くなります。

 

一方、利用実績があっても「延滞した」「連絡を無視し続けた」などという記録があれば、逆に印象は悪くなってしまいます。

 

これからサラ金を利用する場合には、将来のためにも延滞などをしないように適切な利用を心がけるようにしましょう。

 

参考サイト:サラ金 金利 | おすすめ低金利のサラ金で借りよう!