MENU

サラ金の審査における在籍確認と電話確認を解説

サラ金などにお金を借りる申込をして、審査の段階で聞くことがある「在籍確認」とは一体どのようなものか説明すると、借入申込者から提示された勤務先について正しいかどうかを貸主であるサラ金業者側が確認することです。

 

この確認は電話によって行われることが多く、実際に申込者の勤務先に電話して確かめることになります。

 

申込者からすると、電話が勤務先にかかるということに対して不安を感じるかもしれません。職場の同僚にはカードローンに申し込んでいることを隠しておきたいと思う人が多いでしょう。

 

サラ金(消費者金融)の電話確認のパターン

ネット上からカードローンキャッシングの申し込みをしたあとのよくある手順を紹介します。

 

申込

本人の携帯電話・スマートフォンに電話連絡が入る
(※個人の携帯電話に連絡が来た時に、オペレーターの方に相談することで、さらに借り入れの事実を周囲にバレにくくする方法もあります。

職場や勤務先の会社やアルバイト先に在籍確認の電話が入る

審査に通ればお金を借りることができる

 

世間体的に、サラ金でお金を借りることを勤め先の人に知られることを避けたいと思う方も多いことでしょう。

 

ここで大事なのが、在籍確認の時に、職場に電話がかかるとはいえ、あからさまにサラ金のカードローンの在籍確認だと分かるように連絡されることはありません。申込者のプライバシーに十分に配慮して、極力在籍確認だとは分からないように電話します。

 

会社への在籍確認の電話の際に、よくあるパターンとしては、個人の名前を名乗って電話をかけるという形があります。

 

申込者が電話に出ることができた場合には、生年月日や電話番号など簡易な本人確認を行うだけで完了となります。

 

また、申込者が不在の際に他の同僚が電話に出た場合は、今は席を外しているという旨を伝えてくれれば、在籍確認できたことになります。勤務先に確実に在籍していることが分かれば良いので、席を外しているという回答でも十分なのです。

 

サラ金からの在籍確認の電話確認を避けたい時

在籍確認はこのような簡単なものですので、心配することはないのですが、親や家族、職場の人間に借入がバレるかもしれないという僅かなリスクでも気になるという人は「電話による在籍確認を避けられないものか」と考えるかもしれません。

 

在籍確認の電話連絡なしのサラ金業者がある

審査の過程で電話による在籍確認を行うというところがほとんどですが、中には電話連絡無し(不要)で申し込みできるサラ金カードローンが存在しています。

 

モビットのWEB完結申込は電話確認なしは本当なの!?

例えば、テレビのコマーシャルでも見かけることがある大手サラ金のモビットは、WEB完結というインターネットの手続きのみでお金を借りられる仕組みが特徴となっており、WEB完結によって手続きをすれば、電話での在籍確認をしなくても済みます。

 

ただし、電話の在籍確認を避けるためには、提携口座を保有している、口座振替で返済するなどの条件がありますので、事前によく確認してください。

 

そして、バレるバレないにかかわらず、ここが重要なのですが、一切電話がかかってこないというわけではなく、あくまでも「職場に電話連絡での在籍確認が不要な場合もある」という意味です。

 

つまり、キャッシングの申込をした本人の携帯電話への連絡は必ずあります。

 

モビット以外でも職場への電話確認について相談に乗ってくれる

実は、他の大手のサラ金でも個人への携帯電話への連絡はあります。その時点で「職場や家に電話をされると周りの知人にサラ金での借入を内緒にできないからなんとかならないでしょうか?」と言った相談をすれば、できるだけ配慮して手続きを進める方法を探してくれます。

 

というわけで、正直な所、モビットに申し込みをすれば電話連絡がなくてバレないというわけではないので注意してくださいね。

 

どうしても電話による在籍確認を避けたい場合には、この在籍確認の流れを覚えておくと良いでしょう。

会社や家族にバレずに内緒でサラ金からお金を借りる方法

 

「どうしてもまとまったお金が必要!だけど借金を誰にも知られたくない」ということもあると思います。

 

誰にもナイショでキャッシングやカードローンで借入れすることは可能です。ただしその場合には気をつけなくてはならないことがあるようです。借入れの申込みをすると、審査が行われ、審査に通るとカードの発行や指定口座への振込みで借入れが可能になります。

 

このような申込みから実際の借入までの流れの中で、いくつか周囲の人に借入れの事実が知られてしまう危険が生じます。それはどんな流れで起きるのでしょうか?

 

 

申込み手続きを店頭などでする時、注意が必要

 

今はネットで簡単に申込みができるようになっている為、店頭窓口まで行って申込みをする人も少なくなっているようです。それでも中にはネットで申込みをするよりも窓口でスタッフに相談をしながら申込みをしたいという人もいると思います。

 

またネット申込みをした後で自動契約機でカードを発行し、即日キャッシングをしたいという人もいるでしょう。

 

これらの場所で申込みをする時、知り合いに会ってしまう可能性は否定できないでしょう。地元の店頭や無人契約機に出向く時には、注意を払う必要があります。

 

また審査の際の在籍確認では、会社に直接金融会社から電話連絡が入ります。借入れの申込みをした人が、申込書に記入した通りの会社で本当に勤務しているのか確認する必要がある為です。

 

金融会社に借入れをしていることを社内の人に知られたくないと思うのは当然のことです。それでも在籍確認では個人名で電話が掛かる為、1度の電話だけで金融会社からの電話であると同僚に気付かれる可能性は低いです。

 

 

契約が成立した後も注意が必要

 

在籍確認も無事に済ませ、借入れまで漕ぎ着けた後も危険な場面はあります。初めてのキャッシングは振込みになる場合が多いですが、ローンカードが発行されて後日郵送で届く事になります。

 

中には本人限定受取郵便で届く場合もありますが、それ以外の方法でカードが送られて来る場合は、家族がカードを受け取らない方法を考える必要もあるでしょう。

 

もちろん「事務センター」などの宛名で送られて来る為に、封筒を開けない限りはローンカードであることは分かりません。それでも簡易書留で来る為、受取りには印鑑が必要なこと、カードが封入されていることは封筒を触った感覚で分かることも踏まえると、家族にナイショにしたい時は自動契約機でカードを発行することをオススメします。

 

 

利用明細書にも注意を

 

借入れや返済の利用をすると、後日利用明細書が郵送されて来ることも多いです。近頃は金融会社でも利用明細書の郵送を省略する為、webで閲覧ができるようなシステムが整っています。このようなサービスを利用することで、明細書の郵送をされないようにすることができます。キャッシングを内緒にすることは、職場には簡単ですが家族に対しては細心の注意が必要になります。

 

返済の延滞があると、漏れなく督促状が届きます。利用明細書を郵送しないような手続きをしている場合でも、督促状は郵送されます。そのようなことがあると、今までの苦労も無駄になりますので、返済期日までには返済をするように気をつけましょう。