MENU

主婦や学生はサラ金でどう審査されるのか

サラ金とはサラリーマン金融の短縮形なので、会社に勤めている会社員しか借入審査を受けられないと考えている方もいるようですが、サラ金に申し込みをすることができるのは会社員だけでなく、学生(大学生・専門学生)や主婦の方でも可能です。

 

ただし、申込をする条件として、「満20歳以上で、パートやアルバイトで安定した収入がある」ということが条件です。これを満たしていないかぎり、審査を通ることはありません。

パートやアルバイト収入のある人はサラ金(消費者金融)の審査に通るの?

サラ金(消費者金融)では、安定した収入が一定期間継続してあるパートやアルバイトの人の利用を認めています。銀行カードローンでは一定の年収が求められる場合が多く、パートやアルバイト収入のある人でも、時には審査に通らないという可能性もあります。

 

学生や主婦のキャッシング申込みはサラ金(消費者金融)の審査に通るの?

学生の利用の場合は原則として親の同意が必要になりますが、サラ金(消費者金融)でもアルバイト学生については利用が可能になっている事や、満20歳以上の人を対象としている事もあり、親の同意を必要としていません。

 

銀行カードローンでもアルバイト学生については利用の可能性もありますし、親の同意が必要無い銀行もあります。

 

主婦の利用については、前記のように旦那さんに安定収入がある事で利用が可能になる事もあります。消費者金融ではほぼ無理と言える専業主婦の利用でも、銀行カードローンではこのような条件付きで利用ができる可能性があります。

 

 

年金収入のある人の借入申込みはサラ金(消費者金融)の審査に通るの?

 

サラ金(消費者金融)消費者金融では利用の年齢制限で69歳以下となっている場合が多く、年金を受給している人も多く含まれると思いますが、銀行での年齢制限では65歳以下となっている所もあり、楽天銀行では60歳以下となっています。

 

実際に年金を受給する年齢は65歳となっている為に年金受給者で銀行カードローンを利用する事は難しいと思います。ただし原則的にはサラ金(消費者金融)の審査条件では年金受給者もアルバイト収入を求められています。銀行カードローンでは年金のみの収入でも借入れが可能となっている銀行もあります。

 

 

学費の借入れならば銀行カードローンより奨学金や学生ローンもあり

学生が仕送りで不足する生活費等を捻出する為に、奨学金を利用する事はできません。

 

大学生の一人暮らしなどで生活費が足りないような場合にはサラ金や銀行のカードローンの利用をする事もあるでしょう。

 

ただ、お金が必要な理由が学費の不足であるならば、サラ金などの金融機関のカードローンよりも銀行教育ローンや奨学金の利用がオススメです。教育ローンについては銀行だけではなく国の教育ローンの利用も可能になります。

 

借入れの債務者となる対象は奨学金の場合は学生本人であり、教育ローンの場合は親となります。申込みには書類の作成や必要書類の提出などで時間が掛かる事もあるので、早めの手続きがオススメです。

 

銀行カードローンで借入れ可能な人とは?

銀行によっては専業主婦でも借入れが可能となる場合があるという事は前述の通りですが、その他にもサラ金(消費者金融)では借入れが困難で審査に通らなくても銀行では可能となる人がいるようです。

 

銀行により専業主婦の方でも借入審査に通る条件は異なりますが、例えば三菱東京UFJ銀行を例として挙げてみます。

 

三菱東京UFJ銀行の審査の話

借入れが可能になるのはパートやアルバイトならば安定して収入を得ている人、学生ならば親の同意書が必要(利用は10万円まで)、主婦の利用は30万円以内、年金収入のある人は安定した収入が必要となっています。

 

記事まとめ

銀行カードローンではサラ金(消費者金融)では利用が難しい専業主婦や学生、年金受給者の利用が条件付きで可能になる場合もありますが、それぞれの銀行によって利用の条件が変わります。学生の借入れでは教育ローンや奨学金の利用がオススメです。

 

サラ金の審査とは