サラ金 審査 通らない 落ちた ブラック

MENU

サラ金(消費者金融)の審査にどうしても通らない方もいらっしゃるかと思います。ではサラ金の審査に落ちてしまう理由はなんなのでしょうか?

サラ金(消費者金融)のキャッシング審査に通らない理由

お金を借りる時に避けて通れないのが審査です。しっかりとした大手の金融機関であるほど審査はしっかりと行われます。

 

それでもサラ金(消費者金融)は銀行よりも比較的審査に通りやすいと言われています。これも言われているだけで、ある貸金業者の審査には通っても、他の貸金業者の審査には落ちるという事もあるようなので、審査の基準はその会社によってまちまちであるという事になります。

 

それでも連続してサラ金(消費者金融)の審査に落ちる場合には、審査に通らないだけの理由があるという事になるでしょう。

 

サラ金(消費者金融)の審査に落ちる大きな理由3つを推測!

サラ金(消費者金融)審査の際に調査の項目となるのは大きく分けると、その人の勤務先や収入、住居環境等の情報が含まれる属性と、個人信用情報の2つになります。

 

具体的には次の3つになります。

 

  1. 個人信用情報に事故情報が記録されている人
  2. 複数社から借入れをしている多重債務のある人
  3. 年収が極端に低いか、安定性の無い人

 

以上のような場合には残念な審査結果、つまりサラ金審査に通らない可能性が高いようです。

 

サラ金や銀行カードローンの審査で落とされる理由の詳細解説

個人信用情報に事故情報が記録される

個人信用情報に事故情報が記録されている人とは、「異動情報」とも呼ばれるものです。過去に返済の長期延滞があった場合や、信用保証会社に代位弁済されている場合、サラ金の借金に限らず自己破産等の債務整理を行っている場合が主な事柄となっています。

 

返済の長期延滞には、もちろんクレジットカードやローンの返済の遅れという事になりますが、携帯電話の本体代金の分割払いやテレビショッピングの分割払いの遅れも事故情報として記録される事になるので、返済の遅れには要注意と言う事になります。

 

事故情報が悪質な場合「借入ブラック」と呼ばれる状態になってしまい、お金を借りることが難しくなります。ブラックについては後述します。

 

 

複数社から借入をしている多重債務

一般的にはサラ金を含む金融機関からの借入は2〜3社までは問題ないと言われていますが、それ以上の複数のサラ金会社・銀行などから借入れをすると多重債務者となってしまいます。その場合にも審査において大きなマイナスの材料となります。

 

審査に通るようになる為には、おまとめローン等を利用して借金を一本化する方法を選択しましょう。

 

総量規制の対象となっている消費者金融では年収の1/3を超えるキャッシングはできませんが、おまとめローンの利用ならば消費者金融であっても特例として1/3以上の借入れも認められます。また銀行のおまとめローンもありますので検討をしてみると良いでしょう。

 

 

年収が極端に低い、安定性がない

年収が低い、年収に安定性がない場合も審査は厳しくなります。場合もサラ金の審査に通り難いとされています。

 

一般的に銀行カードローンを利用するには200万円以上の収入がある人と言われていますが、サラ金(消費者金融)では特に最低年収の決まりはありません。満20歳以上でアルバイトやパートでも安定した収入があれば借入れは可能になります。それでも極端に年収が低い場合や、安定性がない人は審査には通り難いと言えます。

 

CMなどで見かける大手サラ金(消費者金融)の審査に落ちたら、審査に通り難いという事を認識して中規模、中堅の消費者金融に申し込む人もいるようです。その場合は悪徳業者(闇金融など)にあたる可能性もあるので、登録番号等をしっかりと確認する必要があります。

 

 

★概要
サラ金(消費者金融)の審査に連続して落ちる時には何らかの理由があるとされています。信用情報にキズがある人や、複数社からの借入れがある人、年収が少なくて安定した収入の無い人は審査に落ちる可能性があります。また、ブラックと呼ばれる状態になると、借入の審査に通る確率は著しく低くなります。

 

 

ブラックでも借りられるサラ金(消費者金融)は安全性ゼロ!

サラ金(消費者金融)と合わせて検索されるキーワードの中には、「ブラック」というものもよくあります。

 

検索エンジンのサジェスト機能で表示されることもありますので、ブラックでも借りられるサラ金・消費者金融が存在しないかどうかを調べたいという人が多いということでしょう。

 

もちろん、サラ金・消費者金融が昨今話題となっているブラック企業であるかどうかを検索しているという人もいるかもしれません。

 

しかし、「ブラックでも」といった言葉と組み合わせて検索されることも多いようですので、ブラックでも借りられるサラリーマン金融を探しているという割合が多いはずです。

 

借入ブラックとはどのような状態かを解説

そもそもブラックとはどのようなものかを知らずに調べている人もいるかもしれません。

 

ブラックリストという名簿にリストアップされているとイメージしている人がいますが、実はブラックリストというものが存在している訳ではないのです。

 

ブラックという状態は、個人信用情報に事故記録が残っていることを指します。

 

サラ金の審査時に参照される個人信用情報の詳細

個人信用情報とは、サラ金からのキャッシングやローンなどを利用する時に記録される情報で、個人信用情報機関によって管理されるものです。

 

もし、過去にキャッシングやローンなどで長期間の延滞をしたり、債務整理の手続きをしたりした場合には、事故記録として個人信用情報に記録されます。

 

銀行やサラ金(消費者金融)に申し込みをした時に実施される審査では、個人信用情報機関のデータを照会して、その人に問題がないかどうかをチェックしますが、事故記録が見つかれば問題ありとなってしまいます。

 

過去に問題を起こした消費者金融とは別の消費者金融に申し込んだとしても、記録は個人信用情報機関に残されますので、その時の事故記録が照会されてしまい、審査には通りにくくなります。

 

このように事故記録が残っていて審査に通りにくい状態のことをブラックと呼ぶのです。

 

ブラックならサラ金から絶対にお金を借りられないの

ブラックOKというような広告をたまに見かけますので、サラ金(消費者金融)の中にはブラックでも借りられるところがあるはずだと考える人がいるかもしれません。

 

確かに、中小規模の消費者金融一覧から探せばブラックでも借りられる可能性のあるところはゼロではありません。

 

しかし、それらの業者の場合には悪徳業者である可能性が非常に高く、取り立てのトラブルに巻き込まれることも十分に考えられます。

 

一般的には、ブラックならば安心感のあるような大手のサラ金(消費者金融)ではほぼ100%審査落ちすると考えてよいぐらいですので、ブラックの状態が解消されるまでは待つ方が良いでしょう。