サラ金 金利 計算 年率

MENU

サラ金キャッシングを当日返済・翌日返済した場合の利息と計算方法

サラ金キャッシングやサラ金カードローンは、借りるときも短時間での融資が当たり前になっている今日ですが、借りたその日にお金を返すこともできます。

 

返済方法はリボ払いにしているケースがほとんどだと思いますが、利息がかかりますから、借りたお金より多く返さなくてはならないのが嫌という人もいますよね。そういった場合は、借りる日数を少なくすると良いです。

 

サラ金から借りてその日にすぐ返済するケースというのは、たとえば「給料日当日の朝、何かの銀行引き落し予定があるが残高が不足している」といった場合に、サラリーマン金融のキャッシングで借りて給料が振り込まれたら、すぐに返済する人もいます。すぐに返済した場合は金利がゼロ円と結果的に無利息融資になる場合もあります。

 

特に口座振替などで、口座にお金が入れば良いといった場合はネットキャッシングが便利で24時間、振込に対応している銀行もあります。

 

サラ金キャッシングの利息は自分でも計算できる

サラ金(消費者金融)キャッシングの利息計算は、数字が細かくて面倒、業者がやってくれるから間違いない、と自分で計算する人もあまりいないと思いますが、実は別段難しい計算というわけではないのです。

 

利息計算の方程式

借入額×金利÷365日×借りた日数

 

ただ、この式で計算はできますが、月々の返済を考慮して、また返済額のうち借金元金と利息の割合も考慮すると業者に任せたほうがいいですね・・・。
(参考記事:元金とは|金融経済用語集

 

サラ金で30日間10万円借りた場合の利息計算方法

30日までの利息計算なら自分でも簡単ですね。
たとえば10万円を30日借りる場合、消費者金融の上限18%の金利なら、

 

10万円 × 0.18% ÷ 365日 × 30=約1,479 円

 

となります。

 

10万円を30日借りただけなら1,500円弱の利息で済みますね。

 

サラ金で50万円以下の借入の場合は利息は18%の場合が多い

50万円以下の借入なら、18%の金利となるケースが多いです。

 

多くの有名サラ金(消費者金融)の場合は残高スライド元利均等返済方式となり、元利均等で毎月の返済額は一定で、元金の返済は小さくなります。

 

残高スライド元利均等返済方式とは?
月々の返済金額が一定のリボルビング払い(リボ払い)に、借入金額の残高にあわせて返済金額が変動する仕組みを追加したもの。つまり、返済や追加借入れなどで変化する借入残高に応じて、返済金額が変わっていくというものです。

「消費者金融豆知識」より抜粋

 

30万円以下のサラ金での借入は、借入残高×3.61%ですので、

 

10万円 × 3.61% = 3,610円

 

ですが、1000円単位は切り上げになりますので、
毎月の返済は4,000円となります。

 

サラ金からの借金を即日返済・翌日返済すると利息はどうなるか

 

サラ金キャッシングでは基本的に借りた初日は、利息がかかりません。初日不算入の原則というものがあり、初日は算入しない、としています。借りた時刻が午前零時の場合はこの限りではない、ともありますので、サラ金の金融業者によって初日の利息の扱いは違ってくるかもしれません。

 

初日不算入の原則について

期間計算の起算点については,原則として,初日を算入せず翌日から起算し(初日不算入の原則),初日算入は例外的な扱いとなります

引用元:期間計算の一般原則

 

民法第140条で決められている通り、サラ金の金利についても借入初日を抜いて、翌日から利息が発生します。1日借りたという計算を上述の式に当てはめます。

 

10万円・30万円をサラ金で借りた時の利子のシミュレーション表

10万円の利息 10万円×0.18%÷365日×1日=約49円
30万円の利息 30万円×0.18%÷365日×1日=約148円

 

上の表のように、50万円以下のキャッシングであればサラ金での金利はよほど大きな借入でなければ、利息もわずかです。

 

*概要
サラ金からのキャッシングの返済は、即日返済・翌日返済も可能です。初日不算入の原則で初日は基本的に利息がかかりません。翌日から利息がかかりますが、1日借りただけなら微々たるものです。

 

サラ金の金利について

リボ払いの最少返済額と支払い回数:元金・利息の支払いの仕組み

キャッシングやカードローンでお金を借りたら、返済するときはリボ払いで返すケースが多いと思います。
リボ払いは、各回の返済額を一定額にし、毎回の支払いを小さくすることで負担が軽くなるのが特徴で、返済額には、毎回、借金の元金への支払いと利息分の支払いが含まれています。

 

リボ払いもいくつかの種類に分かれ、大きく「定額」か「定率」、また「元利」か「元金」かで分かれています。

 

大手消費者金融でよく使われているのは元利均等方式で、元利定額方式とも呼ばれます。

 

元利均等方式と元金均等方式

金利には元利均等方式と元金均等方式があり、サラ金や街金(消費者金融)ではこの形式を利用しているところもあります。両者の金利・利息の比較をしてみます。

 

〈元利均等方式で10万円借りた場合〉

たとえば10万円の借入なら、消費者金融の上限金利18%で30日借りたときの利息は、

10万円×0.18%÷365日×30日=1,479円

 

元利均等方式の場合は、毎月の返済額が4,000円の定額として、
利息分もふくまれていますから、

4,000円−1,479円=2,521円

2,521円が元金への返済に当てられます。

 

翌月は借入残高が10万円から2,521円を引き、97,479円になり、
利息の計算式は、

97,479円×0.18%÷365日×30日=1,442円

 

この月は4,000円の返済額は一定で変わりませんが、このうち利息が1,442円、元金返済は
4,000円−1,442円=2,558円
となります。

 

〈元金均等方式で10万円借りた場合の金利〉

この方式での返済方法は、元金への返済額を一定額にします。
この金額を先ほどと同じ4,000円とした場合、
利息の計算は同じ計算式で1,479円と算出できますので、
最初の返済月は、

4,000円+1,479円=5,479円

の返済額になります。

 

翌月の借入残高は10万円から4,000円を引いた96,000円になり、
利息計算をすると、

96,000円×0.18%÷365日×30日=1,420円

この月の返済額は4,000円+1,420円=5,420円
の返済額になります。

 

毎月の返済は金利に関わらず最少金額が決まっている

返済回数を変えれば各回の支払額も変わります。
返済回数を増やせば各回の支払額は小さくなり、負担が軽くなります。
逆に返済回数を減らせば各回の支払額は大きくなり、負担が大きくなります。

 

では、毎回毎回たくさん返す余裕などはないから、ほんの少しずつ返せばいいのではないか、と思うかもしれませんね。

 

しかし、サラリーマン金融業者によって金利や金額が違いますが、最少返済額といって、各回に返済する金額の最小額が決まっています。最少返済額より少ない金額での支払いにはできません。

 

たとえば10万円の借入の場合には、業者によって2,000円〜5,000円の最少返済額が設定されています。
50万円の借入の場合であれば、業者によって10,000円〜15,000円の最少返済額となります。

 

 

レイクとアコムの最少返済額と支払い回数

レイクで10万円の借入の最少返済額は4,000円であり、アコムなら3,000円です。
50万円の借入の最少返済額はプロミスでは13,000円であり、アコムなら15,000円です。

 

10万円程度の借入なら、最少返済額で返していったとしても、
レイクの場合で32回払い、総額125,864円となり、
アコムの場合で47回払い、総額139,184円となり、
その差は5回(5ヶ月)であり、金額の差は13,320円ですね。

 

これが50万円の借入になると、最少返済額で返していくと、
レイクの場合で58回払いの総額746,160円であり、
アコムの場合で47回払いの総額696,053円です。
その差はなんと11回(11ヶ月)であり、金額の差は50,107円になります。

 

毎月の支払いの1,000円2,000円の差が、借入額が大きくなるほど大きな影響となります。