MENU

サラ金の返済日に間に合わない場合はまず電話をしよう!

 

サラ金の返済日に間に合わない場合はまず電話

サラ金のキャッシングでは契約で定められた返済日を守ることが重要ですが、万が一遅れてしまうという場合には、まずサラ金に電話すること、また遅延損害金の発生や信用情報のキズの面から、できる限り延滞しないことが大事であることを説明します。

 

 

 

サラ金の返済時のトラブルの対処法

サラ金のキャッシングを利用すると、契約で定められた通りに返済をしていく必要があります。

 

リボ払いで返済するというパターンが多くなっており、その場合には比較的小さな金額を毎月毎月返していくという形になります。

 

決まった返済日までに返すということが原則ですが、ギリギリの生活の中でお金が不足してしまい、遅れてしまうという人も中にはいます。

 

そのままサラ金への返済ができずにいると遅延損害金が膨らみますし、長期間に及ぶと場合によっては一括返済を請求される可能性もありますので、遅れずに決められた通りに返済していくことが重要です。

 

間に合わない時には電話

返済日に間に合わなかった場合には、数日の間にサラ金サービスから電話があります。

取り立てに不安を感じる人もいるかもしれませんが、違法な業者でなければ無茶な取り立て行為はなく、まずは催促の連絡が来るという形です。

 

数日程度の遅れの場合には、いきなり信用情報にキズが付くこともないですが、サラ金サービスとの信頼関係が悪くなることは間違いありません。ですから、信頼関係を悪化させないためには、必ず自分の状況を伝えること、そして、サラ金から電話や郵送物での連絡が来たら、必ずすぐに対応することが大事です。

 

「どうせ返せないから無視しよう」という考え方で対応するのは、一番オススメできないやり方です。

 

少しでも関係を悪化させないようにするためには、出来る限り早めにこちらからサラ金の問い合わせサービスに電話して、返済の目途を連絡するのが絶対的におすすめの方法です。

 

返済が遅れると遅延損害金が発生

サラ金のキャッシングの返済日に遅れると、遅延損害金と呼ばれるお金を払う必要があります。

 

この遅延損害金は、返済できずに遅れていけばいくほど、増えてしまいます。

 

遅延損害金の年利は20%となっていますので、数日間であればそれほど膨れ上がることはありません。

 

しかしながら、延滞の期間が長くなって、積み重なってしまうとかなり大きな金額になってしまうため注意が必要です。

 

信用情報にキズが付く可能性も

決められた返済日に間に合わない場合には、さらに信用情報にキズが付く可能性もあります。

 

数日程度の遅れでいきなり記録されることがありませんが、長期間そのまま返済できずにいると、信用情報に記録されてしまうと言われています。

 

信用情報を扱う機関はいくつかありますので、そのそれぞれで記録が保存される長さは異なりますが、長期間にわたる延滞の記録は1年程度は残るようです。

 

信用情報に延滞した記録が残っている間は、キャッシングやローンなどの審査に悪影響を与えることになってしまいますので、信用情報のキズという観点からも延滞は避けるようにしなければなりません。

 

サラ金で安心して借りるなら