MENU

大手サラ金アイフルの2つのおまとめローン

大手サラ金アイフルの2つのおまとめローン

借金を個別に支払うよりも1つにまとめる事で金利を下げる事ができます。それによって利息の支払い額が減るので、トータルの支払い額も減らす事ができます。

借金の件数を減らすと共に返済日を1つにする事で、返済計画を立て易くする事ができます。

 

 

 

複数の金融会社から借入れをしている状況を「多重債務」と呼びます。この状況のままでいると新たなローンを組んだり、クレジットカードの申込みをする時の審査に影響をする可能性もあります。現在の状況を好転させる為には、「おまとめローン」の利用がオススメとなります。

 

おまとめローンの取り扱いは、銀行だけでなく大手サラ金などの消費者金融でもしています。銀行では借入れに制限はありませんが、消費者金融の方では総量規制によって年収の1/3以下に定められています。例えば年収が300万円の人ならば100万円までが借入れの限度となります。

 

サラ金サービスでおまとめローンの取り扱いをしていても、年収の1/3を超えてしまうとおまとめローンを利用できないのでは?と疑問に思う人もいるかも知れません。それでも消費者金融で取り扱っているおまとめローンについては、総量規制の対象外となるのです。おまとめローンを利用する事で、その人にとって有利に働くのならば年収の1/3を超える金額をおまとめローンで借りる事が可能になっているのです。

 

銀行のローンは低金利で多くの金額を借りる事が可能ですが、審査が厳しいと言われています。消費者金融での審査は個人向けの貸し付けとなっている事や、銀行よりも少額融資となっている事で銀行よりは審査に通りやすいと言われています。
銀行のおまとめローンの審査に落ちた場合にはサラリーマン金融のおまとめローンを申込んでみましょう。

 

 

 

おまとめローンの詳細とは

借入れたお金を返済する時には、元金の他に利息もリボ払いの金額の中に含まれます。その時に重要になるのが金利です。消費者金融で借入れた場合、100万円以下の借入れには通常18.0%の金利が付きます。それでも100万円を超えると最高でも15.0%の金利となります。利息制限法によって100万円を超える借入れには15.0%を超える金利を付ける事ができない事になっています。

 

サラ金の利息と金利を徹底解説!

 

例えば1社目で50万円の借入れをしていて、2社目、3社目も同じように50万円の借入れをしていた場合には、合計で150万円の借入れとなります。1社に支払う利息は50万円に18.0%の金利が掛かるので、リボ払いによる1か月の返済額は12,696円となり、3社分の合計では38,088円です。
支払い総額は761,781円になりますので、3社で別々に50万円を返済して行った場合、合計で2,285,343円になります。

 

おまとめローンで3社の借金を一本化した場合には、150万円に対して15.0%の利息となります。金利が下がる事で毎月の返済額は35,684円となりますので、別々に返済をしていた時に比べて月の支払い額は2,404円減らす事ができます。支払いの総額は2,141,075円となるのでトータルで144,268円支払い額を減らす事ができます。

 

借入れの件数を減らす事になる事と、返済日を1つにまとめる事ができるので計画的な返済をする事もできます。

 

 

 

アイフルのおまとめローン商品

一例をあげますと、大手サラ金のアイフルには2つのおまとめローン商品があります。

 

《おまとめMAX》

アイフルでの借入れや他社での借入れの借換えができます。金利は12.0〜15.0%(実質年率)となっていて、1万円〜500万円の借入れができますが、利用対象者は20歳以上で安定した収入があり返済能力のある人となっています。

 

 

《かりかえMAX》

アイフルの利用が初めてで他社での借入れの借換えに利用できます。金利は12.0〜17.5%(実質年率)で1万円〜500万円で、対象となるのはアイフルの利用が初めての20歳以上の人で、安定した収入がある事が条件です。

 

どちらも返済期間は10年間となるので、経済状態に合わせて返済して行く事ができます。それでも返済が難しい時は弁護士等に相談をして今後の選択をする事をお勧めします。

 

 

備考

おまとめローンのある消費者金融や銀行カードローンは他にも多数あります。消費者金融では「プロミスのおまとめローン」、銀行では東京スター銀行のおまとめローンなどが有名です。