MENU

安全なおすすめのサラ金(消費者金融)とは?!

サラ金とは「サラリーマン金融という言葉の略語」ですが、現代では消費者金融・カードローン・キャッシングサービスなどと呼ばれてます。当サイトでは安心して利用できる厳選おすすめサービスを紹介します!

 

安心して利用できるオススメのサラ金ベスト1!

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>

 

借り入れ可能か事前3秒診断!!
土日祝日も申込可能!

迷ったらまずはプロミスからがおすすめ

 

ネットからの申込みをしてWEB契約なら店舗への来店不要で利用できるのがプロミスの借りやすいポイント。

 

わかりやすい事前3秒診断と最短1時間融資が便利です。

 

24時間申込可能&最短1時間融資

スマートフォンやパソコンからの申込は24時間受け付けており、審査に通れば最短1時間で即日融資も可能

 

また、プロミスの無利息サービスを活用すればサービス期間内は利息0円で利用できます。借入額は少額の1万円から可能なのもオススメポイントです。

 

(※詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。)

 

※パートやアルバイトでも安定した収入のある方は借り入れ可能です

 

 

 

 

 

一般的にサラ金というと、「少し怖い感じがする」という方もいらっしゃるかもしれませんが、CMや広告などでお馴染みのサラ金(消費者金融)でしたら、しっかりと法律にのっとって運営をしているので、違法な高金利や取り立てなどの心配は一切いりません。

 

むしろ、返済までの計画をきちんと立てて利用すれば、サラ金はとても便利に活用することもできるサービスといえます。こちらのホームページでは「おすすめのサラ金(消費者金融)」ということで、はじめてお金を借りるといった方も安心して借入申し込みできるサービスを紹介します。

大手のサラ金は来店不要・口座不要で借入申し込みできる

大手サラ金のカードローンは、申し込み方法が店舗窓口からと、自動契約機、インターネットからの申込とがありますが、最近は来店不要のサラ金カードローンが人気のようです。

 

大手サラ金のカードローン利用者の大半は、パソコンや携帯・スマホからネット申込をしています。銀行振込を利用すれば、一度も来店しなくても借入することができ、おすすめですね。

 

アコムというサラ金の例

アコムはWEB上で簡単に申込み手続きが行えるようになっています。審査回答もそれなりにスピーディーという点が魅力で、「はじめてのアコム♪」というフレーズで、テレビCMなどでも人気がありますね。今日中に借りれるサービスとして、急ぎの方にもオススメです。アコムは30日間無利息のサービスを開始していて、1万円からの借入にも対応しています。もしも他のおすすめのサラ金で借りれなかった際には候補のひとつに入れてもいいのではないでしょうか?

 

サラ金(消費者金融)のカードローンは来店不要・銀行口座不要

 

サラ金(消費者金融)のカードローンで借金を申し込む場合、銀行口座は必要なく、審査に通ることができればすぐに利用できます。

申し込み方法はネットからが主流ですが、即日融資を希望する人は自動契約機に足を運ばなければなりません。

 

ネット申込して、銀行振込を利用すればネットで契約は完結します。来店不要ですから、この点をクリアしているサラ金サービスはパソコンやスマートフォンを持っている方にはおすすめの借入先と言えます。
注意点は、銀行振込の手続きは15時までの銀行がほとんどで、15時以降の手続きで、当日中にお金を借りたければ自動契約機でカードを発行する必要があるという点です。

 

楽天銀行やジャパンネット銀行のようなネット銀行の口座があれば、24時間振込対応の消費者金融もあります。また、カード発行すれば、コンビニATMなどで24時間引き出しが可能です。

 

 

口座不要の銀行カードローン

 

銀行カードローンは、その銀行の口座を持っていることが基本といっていいでしょう。口座を持っていなければ、カードローンの契約と同時に口座開設することになります。

 

銀行の審査は一般的に時間がかかり、1週間かかることもザラですが、その銀行口座があればダイレクトバンキングから申込でき、審査は早くなります。

 

口座を持っていなければ口座開設が必要になり、時間もかかりますが、三菱東京UFJ銀行のように、口座不要で申込できる銀行もあります。

 

〈三菱東京UFJ銀行カードローンがオススメな理由〉

来店不要・口座不要の銀行系カードローンでは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」がオススメです。

 

銀行振込には対応していないのですが、ネット申込して、後日カードが郵送されるため、来店不要です。カードが届けばコンビニATMなどで借入できます。

 

急いでいて即日融資したい場合は、テレビ窓口でカードが発行でき、本人確認書類は必要ですが短時間で借入ができます。
テレビ窓口は銀行内ATMコーナーに設置されています。

 

来店しなくてはなりませんが、銀行で即日融資できる業者は少なく、平日15時以降や土日・祝日にも対応しており審査も最短30分と早いです。

 

 

概要文
来店不要でサラ金(消費者金融)のカードローンを契約したければ、消費者金融なら自分の銀行口座に振込するようにすればネット完結します。銀行振込依頼できる時間に注意が必要です。即日融資希望の場合は自動契約機を利用します。提携銀行口座があれば24時間振込対応の業者もあります。銀行でも口座不要の銀行はありますが僅かです。

 

サラ金の意味とは?

サラ金とは意味を説明すると、サラリーマン金融という言葉の略称です。検索エンジンのグーグルで調べると以下の様な説明があります。

「サラリーマン金融」(消費者金融の一種)の略。

つまりサラ金とは、現在(2016年5月現在)言われる「消費者金融」の昔の呼び方なのです。サラリーマンの方がお金に困ったときに借りるために利用することが多かったため、特にサラリーマンに特化した金融との名前で呼ばれていましたが、実際は、学生であったり主婦であったりと、貸付をする対象はサラリーマンに限ってはいません。

 

サラ金と消費者金融の違いとは

サラ金と消費者金融との違いとは、呼び方が異なるだけで意味は同じです。現在は、サラ金と呼ぶことが減り、

  • 「消費者金融」
  • 「カードローン」
  • 「キャッシング」

などといった形で同じような意味で使われることが多くなっています。

 

1983年(昭和58年)に貸金業法(かしきんぎょうほう)が交付される頃までは、世間では一般的に「サラ金」と呼ばれていました。しかし、あまりにも高い金利でお金を貸し付け、借金が返せなくなる利用者が増えるなどの案件が増え、法律が変わったのです。貸金業法の旧名称は「貸金業の規制等に関する法律」と呼ばれていました。

 

闇金とはどんな業者?闇金を見分ける方法とは?

 

闇金(ヤミ金)とは法律違反を犯した貸付をする金融業者、違法な取り立てなどを行う貸金業者のことです。

 

みなさんのなかには「消費者金融」に対して余り良い印象を持っていない人も少なくないと思います。それはTVドラマなどの暴力的な取立てシーンなどが強く印象に残っていることもその要因の1つであると思います。また高金利であり、借金が雪だるま式に増えて行くという認識を持っている人も多いでしょう。

 

この認識は大手消費者金融を初めとして、貸金業者の登録をして営業を行っている中小の貸金業者に対しては、基本的には当て嵌まりません。

 

一方、貸金業者の登録を行っていない業者は、いわゆる「闇金」である可能性が高く、注意が必要となります。

 

 

闇金業者の見分け方とは?

 

大手の消費者金融ならばTVのCMでもお馴染みの為、殆どの人が1度は耳にした事がある社名であると思います。

 

注意をしたいのは、「聞いたことがない社名」です。知名度の高い業者は、多くの人が安心して利用できることを意味していますが、知らない会社の利用は要注意ということになります。

 

ただし、この「聞いたことがない社名」については、実際に存在する貸金業者の社名と酷似している場合もあり、金融庁でもそのような会社の利用にはホームページにて注意喚起をしています。また闇金業者のリストの公開も行っています。

 

 

〈その他の闇金業者の見分け方〉

 

このような業者では広告をする際、顧客を勧誘する為に様々な手段を利用しています。
その中の1つが金利です。闇金業者というと法外な金利を取られるという認識を持っている人が殆どですが、広告上では反対に他の業者よりも安い金利を表示しています。

 

また貸金業者の登録番号を掲載していますが、この番号も詐称している可能性が高いです。既に廃業となったり、他の都道府県などに移動した業者の登録番号を利用している場合も多いです。

 

大手以外の金融会社を利用する場合、金融庁のホームページと併せて「日本貸金業協会」のホームページを開くことをオススメします。悪徳業者のリストや、ホームページ、ダイレクトメールの掲載をしています。また良くある手口や被害の実例なども掲載されているので、必ず1度は目を通した方が良いと思います。

 

ホームページだけでなくダイレクトメールにも注意が必要です。ホームページ同様に明るいデザインで闇金のイメージとは全く違っています。

 

また実在する業者の名前をかたっている場合も多いので、だまされてしまう人も多いようです。ダイレクトメールには即日融資や一定期間無利息などの金利サービスを謳っているモノもあります。

 

このような業者をうっかり利用しない為には、まずホームページやダイレクトメールなどを見て表示されている電話番号にすぐに電話をしないことです。まずは自分で該当の金融業者名を検索し、電話番号の確認を行うことが重要になります。

 

また常識よりもオイシイ内容には裏があるという認識を持つべきでしょう。大手の消費者金融のサービスを知り、その基準よりも甘い場合は反対に要注意とするべきです。

 

 

 

★概要

 

大手消費者金融ならば安心して利用できますが、それ以外の業者を利用する時は、まずその会社を調べることが大切です。ホームページに掲載されている内容とは違うことが多く、簡単に信用をしないことが重要となります。業者の登録番号や社名の詐称も多いので、まずは自分で検索をして電話番号や住所などのチェックも必要となります。

サラ金(消費者金融)って手軽に利用できる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪しい貸金業者の見分け方は?登録番号って何?

消費者金融というと、怪しいイメージを持っている人もいるでしょう。大手の金融業者以外で、闇金と呼ばれる会社は、実際に利用してからその事実に気付くことも多いようです。

 

それでも一旦そのような業者に足を踏み入れてしまってからでは、後悔してもし切れないということになります。利用をする前に十分に金融業者について知ることが大切です。

 

怪しい金融業者を見分けるには、いくつかポイントがあります。それらの内で1つでも該当することがあれば怪しいと思った方が良いでしょう。

 

 

怪しい金融業者のポイントとは?

 

怪しい金融業者は、正当な営業をしている業者に成りすましていることが多いです。時には実在する正規営業の金融会社名をかたっている場合もあります。

 

また社名をそのまま使用していなくても、酷似した名前となっている場合もあります。「何となく聞いたことがある名前かも…」と思った時は、要注意です。

 

金融業者のホームページには、都道府県知事から配布されている「登録番号」が掲載されているはずです。登録番号の掲載が無い場合は、貸金業の許可を受けていないということになります。登録番号が掲載されている場合でも、詐称をしている可能性がありますので、登録番号の有無だけで業者の良し悪しを判断することは危険です。

 

金融業者のホームページにある、サービス内容にも注意が必要です。中には大手消費者金融が展開している無利息サービスを行っている業者もあります。更にその無利息期間は大手よりも遥かに長い期間となっています。

 

このような表示がある場合、「客寄せ」の可能性が高く、実際に利用した場合には法外な金利が掛かることが多いようです。

 

また金利については、銀行カードローンよりも低金利となっている業者もあります。この場合にも実際には高金利となっていることが多いようです。

 

 

情報をフルに活用する

 

金融庁や貸金業協会では、このような怪しい業者のホームページやダイレクトメール、社名・住所などを公開しています。情報は常に更新している為に信頼できますが、それでも業者はどんどんとこれらの情報を変更している為、掲載されていない情報がある可能性もあります。

 

それでも詐称している登録番号も掲載しているので、これらの情報と組み合わせることで、怪しい業者で借入れをすることを未然に防ぐことも可能になるでしょう。

 

 

大手消費者金融を利用する

 

このようにして怪しい業者を見極めることは可能となりますが、それよりも大手の消費者金融会社を利用すれば、このような心配は一切ありません。もちろん返済の延滞があれば、20%の遅延損害金の請求をされますが、通常の借入れでは18%以下の金利です。

 

 

銀行系のカードローンならば、怪しい業者であるという心配は要りませんが、消費者金融では大手の業者から中小の業者、闇金とさまざまです。その中でも大手業者の利用が断然オススメと言えます。

 

 

 

★概要

 

消費者金融には大手の業者の他にも怪しい業者が存在しています。そのような業者を見極めることで、法外な利息を取られたり、違法な取立てに遭うことを避けることができます。